ご使用方法を簡単にご説明すると、以下の流れとなります。

キャップの開閉方法

キャップを開閉して頂くときは、キャップを固定し、軸の方を回転させて開けると動作がスムーズです。
キャップを閉じるときは、キャップの中に軸をまっすぐ入れ、ねじ同士が当たってから軸を回転させてキャップを閉じて下さい。少し強めにねじ締めて頂いても問題ありません。

インクを入れる方法

コンバータをご使用頂く方法と、カートリッジをご使用頂く方法があります。

付属のコンバーターを利用し、瓶インクを吸入してご使用頂く方法

首にあらかじめ装着されているコンバーターを使用してインクを吸入する方法です。別途瓶インクをお買い求めの上ご用意下さい。

インク吸入方法

首を外し、コンバーターのつまみを左に回して、ピストンをペン先の方に下げます。
ペン先全部、首の先端まで完全にインクに浸します。
インクに浸した状態で、コンバーターのつまみを右に回し、ピストンを使ってインクを吸い上げます。
吸入完了後はペン先を上にして、ペン先やペン先付根、首に付着したインクをティシューで拭き取ってください。特にペン先ペン芯のインクは、ティシューを当てることにより、しっかりと拭き取り、ペン先後ろのペン芯横溝にインクが溜まったままにしないようにして下さい。

カートリッジを装着して使用する方法

あらかじめインクが入っているカートリッジ(別売)を装着してご使用頂く方法です。

カートリッジ取り付け方法

首を外し、首に装着されている付属のコンバーターを引き抜いて取り外します。
カートリッジをまっすぐ差し込んで装着します。
新規にご使用頂く場合、すなわち、ペン芯にインクが全く通っていない状態の場合、カートリッジ差し込み後、インクが伝わってくるまでには少し間がありますので、ペン先を下にして出を促すように軸を上下に動かして下さい。カートリッジ側面を押してインクの出を促すと、強く押した場合、カートリッジ側面にひびが入り、ひび割れ箇所からインクが漏れる恐れがあります。
ティシューをペン先表面に当てると、インクが伝わってきたかがわかります。
一度インクが通れば、以降はスムーズにインクは通ります。

適合するカートリッジ

「欧州規格」や「ヨーロッパタイプ」と呼ばれる形状のカートリッジが適合致します。
具体的には、代表的なところで、ペリカン・モンブラン・ウォーターマンのカートリッジが適合します。
他、ヨーロッパタイプ形状のカートリッジでしたら、差し込み口に刺さり、外れることがなければ、装着可能です。ただし、内部インクの性質が芳しくないカートリッジのご使用はおすすめできません。

カートリッジ・コンバーター、どちらの使用がおすすめか

C2タイプ万年筆に関する限り、どちらでご使用頂いても問題ありません。
C2タイプのような、ヨーロッパタイプのカートリッジを使用する万年筆は、コンバーターで使用した場合、インクの流れが滞ることがありますが、当店の商品は、ペン芯を自社設計し、カートリッジのみならず、コンバーターでも問題無く機能するように製作しております。
強いて申しますと、C2タイプ万年筆は、コンバーターでのご使用がおすすめです。

コンバーターについての追加ご案内

コンバーターの取付取り外しについて

コンバーターを取り外して、コンバーター単体でインクを吸入すれば瓶の中のインクの量が少ないときなどに吸入が容易になります。
当店のC2タイプ商品に関する限り、差し込み口の外径を考え抜いて製作しておりますので、コンバーターを首から取り外してインクを吸い、再びコンバーターを装着して頂くこともできますが、コンバーターの差し込み口の劣化が早まる恐れもあります。
当店の商品に装着する前提では、コンバーターの入口はある程度の耐久性がありますが、一般的にはコンバーターは取付取り外しを繰り返さないほうが良いです。
取付強度が低下した場合は、コンバーターを交換してください

コンバーターを追加購入したいがどれがおすすめか

市販のコンバーターをお求めになる場合は、「ペリカン」の現行品コンバーター(価格は1,000円弱位)をおすすめ致します。
当店でも、商品に添付しているコンバーターと同じコンバーターを単品で別売り販売しております。

コンバーターの修理は可能か

修理可能な場合もありますが、商品価格を考えますと、新規交換をお勧め致します。コンバーターは消耗部品ですが、吸入や取付に問題無い限りお使い続けて頂くことができます。
商品に添付しているコンバーターと同じコンバーターを単品で別売り販売しております。