2020年7月19日 放送開始の、TBSドラマ「半沢直樹」にて、 
当店の「M形吸入方式万年筆」を持道具としてご採用いただきました。 

masahiro万年筆製作所の「M形吸入方式万年筆」は、
東京都新宿区 キングダムノート様にてお求めください。
キングダムノート様 当店商品の販売ページ

M形吸入方式万年筆 ご使用方法とご使用のポイント
M形吸入方式万年筆 吸入のメカニズムと開発秘話

masahiro万年筆製作所のM形吸入方式万年筆

masahiro万年筆製作所のフラッグシップモデル、M形吸入方式万年筆です。
考え抜いた質量感と軸形状から筆記時の充実した軸バランスを誇り、瓶から直接インクを吸入することができます。
創業以来開発に取り組み、2012年に発売致しました。
発売開始以来、多くのお客様から、理想のインク吸入方式と評価頂き、ご愛用頂いております。
同種の方式は市場に出ておりませんが、安定動作する壊れにくい商品です。
一見すると使用は難しいように見えますが、万年筆を初めて使う方にも、問題無くお使い頂ける構造です。
吸入機構には、以下のような特徴がございます。

安定した吸入メカニズム構造

安定した吸入メカニズム

吸入機構は、無理の無い安定したメカニズムになっております。
吸入操作は、一回の操作でインクを吸入するわけではなく、後部つまみを何度か往復して徐々に吸入します。
このため、インク吸入に手間取ることなく、焦らず少しずつ吸入が可能です。
一度にすべての量を吸入せずに、何回かの動作を経て、少しずつ軸筒内にインクを吸入していきますので、吸入動作ミスが非常に少ないです。
The M-type filling system.

安定した構造

独自の吸入機構を構成する部品は耐久性抜群の素材であるエボナイトで作成しており、ゴム製吸入ゴムや吸入ピストンのような劣化する消耗部品がありません。
インク吸入部品はインクの入る軸内部に配置されており、インクが吸入メカニズム機構から漏れるといったような心配はありません。動作する吸入部品への給油は必要ありません。
すべての吸入部品をエボナイトで作ってあり、劣化するゴム製吸入ゴムや吸入ピストンのような消耗部品も無いです。
吸入機構部品はインクの中に配置されているインタンク方式で、吸入機構は全くの無給油でOKです。
ダイレクトタイプの独特の構造を吸入動作に応用しており、吸入部品の気密を利用した吸入方式ではないため、気密低下による影響がありません。
一見複雑に見えますが、発想の転換から可能になった吸入方式です。
吸入の都度、吸入機構内部はインクが流通し、機構内部にインクが詰まるようなこともありません。
動作は極めて安定しております。

継ぎ足し補給が可能

一度吸入したインクを排出させることなく、継ぎ足し補給が可能です。

ほぼ満タン吸入可

万年筆に採用されている多くの吸入メカニズムは、1回ですべての量を吸入させる構造のものが多く、継ぎ足し補給が難しいため、満タン吸入ができないものが多いです。
M形吸入方式は、ほぼ満タン吸うことができます。

インキ止式としての機能も保有

軸の中にスポイトで直接インクを入れる、「インキ止式」という方式の万年筆があります。パイロットの蒔絵高額商品のナミキブランドで現在も生産されております。
軸内にスポイトでインクを入れ、使用しないときに後部つまみを閉めると軸内からのインク出を止めることが出来る構造で、インクを止めることができることから、「インキ止式」という名称で呼ばれています。
M形吸入方式万年筆は、従来からのインキ止式と同様、首を外してインクを入れたり、排出することもでき、軸内からのインクの出を止めることができる、インキ止式としての機能も完璧に備えています。
軸内部を通っているステンレス製の中芯は、ステンレス製のペン先に使用されている素材を採用し、軸へ適度なバランスと質量感をもたらします。
インキ止式としての機能を有しているため、使用しない時は、後部つまみを閉めれば、軸内に装着された弁が首最後部のペン芯へつながるインク出口を完全に塞ぐことにより、軸内のインクはおろか、空気圧も遮断します。後部つまみをゆるめれば、軸内のインク最後の1滴まで書けます。
吸入もでき、スポイトでも入れることが出来るメカニズムは、車で言うとマニュアルつきAT車のようなものです。

このほか、M形吸入方式 吸入のメカニズムの詳細については別ページで詳しく解説しております

専用ペン芯を自社製造

M形吸入方式専用形状のペン芯を開発し、装着しております。

ペン芯が自社生産できることから、ペン芯後ろを首の最後部まで到達させることができ、スムーズなインクの流れが可能になっています。

20周年記念に際し、商品改良点について

軸構造を再設計

エボナイト素材は、masahiro万年筆製作所創業当時からのメイン素材です。工芸用エボナイト輸入材を使用しております。
M形吸入方式は、エボナイトの素材特性を生かし商品化したもので、エボナイトでなければ商品を製作することはできませんでした。
エボナイトの特性を把握し、部品設計はもちろん、良質な素材の入手から加工手法まで考え抜いて製作しております。
創業20周年に際し、軸構造を見直し、軸内部をいくつかの段に削り、ねじも複数箇所切って複雑に加工し、エボナイト軸の部品を改良することで、より確実な構造となりました。
また、スリーブを首へ装着する方法を新規設計し、スリーブの肉厚を十分に持たせ、ペン芯外径も新規開発した結果、ペン先装着圧入力が首内径へ加わることのないような構造を考案しました。

メンテナンス性向上

M形吸入方式全品、ペン先周りと、軸内部部品を新たに再設計したことにより、部品固定強度の確実性向上と、将来的なメンテナンス性も向上致しました。
当店でのペン先ペン芯の洗浄がより確実に容易になりました。
M形吸入方式万年筆は、日常のメンテナンスフリーを基本コンセプトとして完成させており、軸内部部品は、軽く10年以上はメンテナンス不要ですが、今回の改良により、将来メンテナンスが必要になったときでも、より容易に確実に部品の交換が出来るようになりました。

使用ペン先について

●14金ペン先
F(細字)・M(中字)
使用ペン先の詳細

サイズ・形状

軸径は15ミリ、端形状はキャップと軸の両端がフラットなF形のみです。
軸径とは、キャップではなく軸本体(下図E-F)の一番太い部分の外径のことです。

M形吸入方式万年筆 15ミリ軸 製品仕様
数値(特に長さ)は多少前後することもあります。
軸太さ 15.0mm
キャップ太さ 16.7mm
キャップ全長(A-B)
軸全長(D-G)
ペン先突き出し長さ(C-D)
22.4mm
使用時 全長(A-C)
保管時 全長(A-G)
首長さ(D-E) 17.0mm
軸単体長さ(E-F) 77.3mm
後部つまみ突出長さ(F-G)
全体質量
(インク満量/インク空)
35g/32g
キャップ単体質量 9g
軸単体質量
(インク満量/インク空)
26g/23g
インク吸入量 3.0cc
満量吸入に必要な
後部つまみ往復動作数
10往復

使用素材・金額

品番の方程式
品目 軸太さ 特記記号軸素材ペン先種類 字幅
M形吸入方式万年筆 赤マーブルエボナイト 15ミリ軸 14金Fペン先の場合は、
M15S-YR-M14F となります。

軸の素材について
詳細はこちら

エボナイト軸

赤マーブルエボナイト

品番 軸径 ペン先 税抜金額
税込価格
M15S-YR-M14(字幅)
お取扱店販売商品
15ミリ 14金ペン先(FまたはM) ¥100,000
¥110,000

グリーンマーブルエボナイト

品番 軸径 ペン先 税抜金額
税込価格
M15S-YG-M14(字幅)
お取扱店販売商品
15ミリ 14金ペン先(FまたはM) ¥100,000
¥110,000

パープルマーブルエボナイト

品番 軸径 ペン先 税抜金額
税込価格
M15S-YP-M14(字幅)
お取扱店販売商品
15ミリ 14金ペン先(FまたはM) ¥100,000
¥110,000

マリングリーンマーブルエボナイト

軸径 ペン先 税抜金額
税込価格
M15S-YM-M14(字幅)
お取扱店販売商品
15ミリ 14金ペン先(FまたはM) ¥100,000
¥110,000

黒エボナイト

品番 軸径 ペン先 税抜金額
税込価格
M15S-YB-M14(字幅)
お取扱店販売商品
15ミリ 14金ペン先(FまたはM) ¥100,926
¥111,018

 

在庫限りの商品

オレンジマーブルエボナイト
キャップは、別色のエボナイト素材となります。

赤スワールマーブルエボナイト
キャップは、別色のエボナイト素材となります。

エボナイト+透明アクリル複合材
透明軸では、独特の吸入動作のおもしろさが味わえる透明軸

在庫限りの商品の詳細は以下をご覧下さい。
詳しくはこちら

保証期間

masahiro万年筆製作所製品は、3年保証で、保証書(日本国内でのみ有効)が添付されます。
パイロットペン先装着商品は、お客様のお名前を登録させて頂く記名式保証書となります。
保証期間経過後も、作業料金は実費程度の安価または無料にて行うことが出来る場合も多いです。

ご購入と納期について

お取扱店販売商品と記載のある商品は、お取扱店にて販売しております。お取扱い店に在庫有している場合は、即納です。
ご購入方法の詳細
納期については、こちらをご確認下さい。