使用しているペン先

masahiro万年筆製作所製品に使用しているペン先についてご説明させて頂きます。

使用ペン先

当店採用のペン先に、専用設計で新規開発した自社製エボナイトペン芯を装着すれば、ペン先のもつポテンシャル(潜在能力)を引き出すことができます。
一般的な手作り万年筆は、メーカーから供給された、ペン先とペン芯、そしてペン先とペン芯が入りカートリッジやコンバーター差し込み口設けられた筒であるスリーブやソケットと言われる部品、この3点が組み上がった構成ユニットを首に装着し、カートリッジ・コンバーターで使用するような仕様「カートリッジコンバーター両用式」で製作されることがほとんどです。

しかしながら、メーカー供給のペン芯は満足の行くものではありませんでした。
ハンドメイド万年筆であっても、上記のように、ペン先はこの構成ユニットのまま装着して製作すれば、かなり省力化できます。
でも、それでは、満足の行く結果にはなりません。
何より、M形吸入方式に特化したペン芯設計にしないと上手く機能しませんし、ペン先ペン芯の固定力がメーカー供給の構成ユニットでは満足の行く固定では無いのです。
ゼロからペン芯を開発し、用意致しました。

当店のペン先は、書き味がよく、心理的に柔らかい感じがするペン先です。
ペン先としてふさわしい金品位は14金または18金ですので、14金ペン先を採用しております。また、インク供給方式に特化したペン芯、すなわち、当店採用のペン先とmasahiro万年筆製作所のM形吸入方式に特化したペン芯を装着しております。

ペン先の、出荷状態における書き味は最上の状態のものばかりではないため、当店でご好評の書き味検品調整を入念に施し、ペン芯と合わせてペン先に秘めたポテンシャルを引き出したような状態に仕上がっております。書き味が悪ければ、魅惑の弾力も全く感じられないのです。十分に納得のいくまで取り組ませて頂いた結果、満足の行く状態でご用意することができました。

使用ペン先の金品位

ペン先の材質は、基本的に14金を使用しています。現在では14金以外のペン先もありますが、万年筆ペン先の金品位としては、14金または18金が良く、それ以上の金品位は必要ありません。耐腐食性も10金や12金では物足りないですが、14金でしたら、じゅうぶんです。
金は24金が100%のため、14金は約58.5%、18金は75%が金となります。
金のペン先は、ステンレスのペン先と比べ、書き味を立体的にするとでも言えるような、なんとも言えない良さを呈するものです。
14金でもじゅうぶん柔らかい書き味は出せますし、かつてあった23金のペン先は14金ほど柔らかいものではありませんでした。
パイロット社では、14金は、金以外を配合させる余地が多く、優れたペン先を作ることが出来る、と言われております。
14金地金のバネ性が特に優れていることは、、曲がったペン先を修正するような作業をするときに、とてもよくわかります。修正作業は、14金がいちばん作業しやすく、ステンレスや、18金を超える金品位のペン先は作業が行いづらいです。
ペン先先端には、イリドスミン合金と呼ばれる硬い金属が溶着されております。溶着は、金自体が溶けてイリドスミン合金を包み込むように着いています。この保持力も14金または18金が優れます。
上記のような理由から、14金または18金のペン先を使用しております。
すべてのペン先、自社製造のペン芯と合わせて軸に装着されます。

商品ごとに装着されるペン先のリスト

現在、メインで以下2種類のペン先を使用しております

  • 14金ペン先

以下●箇所のペン先が装着されます。

14金ペン先
F字幅
14金ペン先
M字幅
M形吸入方式 15ミリ

※ペン先字幅記号については、ペン先字幅記号と選択に関する参考情報をご参照下さい。